セクション2 濁音や拗音

続いて、濁音や拗音等の特殊なものについて説明します。
これらは、2桝を用いてセクション1 五十音を書いてみようで示した五十音の直前の桝に、新たな点を付加することで表現されます。

濁音や拗音など、特殊な表記方法
濁音は5の点、半濁音は6の点をそれぞれ、にごらせたい文字の直前の桝に付加します。
※最初の桝に4の点を付加するもの
きゃ・きゅ・きょ か・く・こ
(つまり、1桝目に「4の点」、2桝目に「か」を書くと「きゃ」になります)
しゃ・しゅ・しぇ・しょ さ・す・せ・そ
ちゃ・てぃ・ちゅ・ちぇ・ちょ た・ち・つ・て・と
にゃ・にゅ・にょ な・ぬ・の
ひゃ・ひゅ・ひょ は・ふ・ほ
みゃ・みゅ・みょ ま・む・も
りゃ・りゅ・りょ ら・る・ろ
※最初の桝に4,5の点を付加するもの
ぎゃ・ぎゅ・ぎょ か・く・こ
じゃ・じゅ・じぇ・じょ さ・す・せ・そ
ぢゃ・でぃ・ぢゅ・ぢぇ・ぢょ た・ち・つ・て・と
びゃ・びゅ・びょ は・ふ・ほ
※最初の桝に4,6の点を付加するもの
てゅ
ぴゃ・ぴゅ・ぴょ は・ふ・ほ
※最初の桝に4,5,6の点を付加するもの
でゅ
※最初の桝に2,6の点を付加するもの
うぃ・うぇ・うぉ い・え・お
くぁ
つぁ・つぃ・とぅ・つぇ・つぉ た・ち・つ・て・と
ふぁ・ふぃ・ふぇ・ふぉ は・ひ・へ・ほ
※最初の桝に2,5,6の点を付加するもの
ぐぁ
どぅ
ヴぁ・ヴぃ・ヴぇ・ヴぉ は・ひ・へ・ほ

次ページへ | 前ページへ

点字講座メニュー

Copyright © 2008-2017 OTOYUME All rights reserved.