点字講座

ここでは、視覚障害者の日常生活には欠かせない点字(てんじ)、音楽活動に必要となる点字楽譜について、詳しく解説しています。

はじめに

点字は、1桝が縦3列横2列、計6つの点から構成されています。
その組み合わせは、単純計算すると、全部で63通りということになります。
計算式を以下に示します。なお、C[x,x]は「コンビネーションxのx」を表しています。

C[6,6]+C[6,5]+C[6,4]+C[6,3]+C[6,2]+C[6,1]=1+6+15+20+15+6=63

また、便宜上、6つの点には、それぞれ番号がつけられています。
左上の点から下に向かって1,2,3、右上の点から下に向かって4,5,6となっています。
ここまではおわかりになったでしょうか? 点字を学ぶにあたって、最初に理解しておく必要のあることなので、しっかりと記憶しておいてくださいね。

次ページへ

点字講座メニュー

Copyright © 2008-2017 OTOYUME All rights reserved.